着物の種類

七五三の着物は買取OK?気になる相場&先輩たちが選んだ処分方法まとめ

投稿日:

「捨てるのはもったいない」「もう着せる機会もないし、みんなどうしてる?」など、七五三の着物の処分方法に困っていませんか。

七五三の着物は、お宮参りから数えても2、3回程度しか着る機会がなく、ゴミとして捨てるにはもったいなく感じますよね。

新品であつらえたなら安くはなかったでしょうから、できれば高く売りたいというのが本心だと思います。

七五三の着物は、素材によっては8,000円以上で売ることができますし、小物類があればもっと高く売れる可能性もあります。

この記事では、七五三の着物の買取相場と合わせて、先輩ママたちはどう売却したのか調べた結果をまとめたので参考にしてください。

七五三の着物や袴は買取ってもらえる!


七五三の着物や袴は需要があるため、中古であっても買い取ってもらえます。

七五三は、日本で昔から伝わる年中行事。

「かわいい子どもの晴れ着姿を見たい」という親の思いは今も昔も変わらないため、七五三の着物はいつまでも一定の需要を保っています。

「少子化だから買う人は減っているんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。

確かに少子化で子どもの数は減っていますが、一人あたりにかけるお金の額は、以前よりはるかに増加していることが総務省の調べでも分かっています。

子供一人当たりの子供関連品目の支出額は、消費規模全体が6年から縮小しているにも関わらず、その6年も増加して年額約 32 万 8 千円までになった。

引用元: 総務省

 

「せっかくだから着物を買ってあげたい」という親や祖父母が増えていることから、着物をレンタルで済ますのではなく購入する人が増えています。

子ども用品の高品質志向により、七五三でも良い着物を購入した人は多いのではないでしょうか。

良い着物であれば高額査定になる可能性があるので、素材や状態などをチェックしましょう。

七五三の着物は素材や状態によって相場が違う!

七五三の子どもの着物買取画像
七五三の着物は、素材や状態によって買取相場が異なります。

また、「ブランド物なのか」「帯や草履がセットになっているか」なども査定ポイントになるので以下の内容をチェックしておきましょう。

正絹製やブランド物なら8,000円以上で売れることも

正絹で作られた着物や、高島屋などの百貨店で購入したブランド物であれば、8,000円以上で売れる可能性があります。

正絹とは?

100%絹(シルク)で作られている布のことを「正絹(しょうけん)」と言います。
柔らかく肌馴染みが良いのが、正絹の着物の特徴になります。

七五三の着物は「プレゼントでもらったから素材が分からない」という人もいるのではないでしょうか。

素材が分からないなら着物に詳しい専門業者に見てもらうと、良い着物なのかどうか見定めてくれます。

ブランド品の場合は、外箱があればプラスポイントになるのでセットで見てもらいましょう。

良い素材のものほど、劣化しやすいのが着物の不思議なところ。

とくに正絹は、放っておくとシミやカビが生えやすいので、着る予定がないなら早めの売却をおすすめします。

ポリエステル製なら3,000円前後が相場

正絹と比べると安価に買えるポリエステル製の着物は、3,000円前後が買取相場になります。

安く感じる人もいるかもしれませんが、3,000円前後というのはあくまで相場です。

呉服屋
汚れに強いポリエステル製の着物なら、状態が良いまま保管している人も多いのではないでしょうか。

「状態が良い」というのは査定にプラスポイントになります。

帯や草履などの小物類がある場合も、査定額のアップが見込めるポイントになるので、相場以上の買取額を期待していいでしょう。

帯や草履もセットならプラス査定になる


帯や草履などが一式セットになっているなら、査定額は相場よりもアップします。

  • 帯、作り帯
  • 被布コート
  • 襦袢
  • 重ね襟
  • 帯揚げ
  • 帯締め
  • しごき
  • はこせこ
  • バッグ
  • 巾着
  • 髪飾り(かんざし、びらかん)
  • 扇子
  • 足袋
  • 草履

七五三の際に、上記のような小物類を購入した人は少なくないと思います。

小物類は新品で揃えるとなると意外に高く付きますから、少しでも費用を抑えたいという人に中古品は需要があります。

七五三用の小物類があるなら、まとめて査定に出すことで買取額がグッと上がるので、着物と一緒に見てもらうことをおすすめします。

シミや汚れはマイナスポイント

着物のシミや汚れは、査定にマイナスポイントになります。

神社で七五三のお参りをした人は、裾や袖の汚れがないかチェックしてください。

砂埃程度の汚れであれば、柔らかいブラシやコットンなどで落とせる可能性があります。

注意ポイント

汚れを落とそうと洗濯機にかけるのは、余計に状態を悪化させてしまう確率が高いのでNGです。

草履の底面やかんざしなど、水拭きできるものは軽く汚れを落としておくと良いでしょう。

「七五三の着物、どこに売る?」先輩ママたちが選んだ処分方法まとめ


「七五三の着物はどこに売ればいい?」と悩んでいる人のために、一足先に着物を手放した先輩ママたちの口コミを調べてまとめました。

口コミの内容を調べてみると、七五三の着物は次の3つの方法で売却している人が多いようです。

  • リサイクルショップ
  • ネットで個人売却(メルカリ・ヤフオク)
  • 着物専門の買取店

上記の方法で着物を売った人がどのように感じたのか、それぞれまとめたので参考にしてください。

リサイクルショップは「査定額が安すぎる」の口コミが多数

リサイクルショップに売った人の口コミを見ると、「査定額が安すぎる」という感想が多数見つかりました。

七五三で使った着物を、某リサイクルショップで売りました。
着物の他にも袴、草履、扇子など、七五三に必要な小物類
のセットも一緒に見てもらったのですが、購入時の20分の1という衝撃的な金額になりました。
売らなければ良かったと後悔しています。
(女性 30代前半 事務)
近所のリサイクルショップで、お宮参りのときにあつらえた子供用の着物を売りました。
高島屋で購入した8万円の着物でしたが、査定額はなんと1,000円。あまりにもびっくりして、すぐに返してもらいました。これが普通なのでしょうか。
(女性 40代前半 主婦)

上記のような口コミが多いことから、リサイクルショップでは七五三用の着物は高く売れないことが分かります。

店舗型のリサイクルショップは販売スペースに限りがあるため、買い手が見つかりにくいというのが査定が安い原因だと推測されます。

それでは、買い手が見つかりやすいネット売却はどうでしょうか。

ヤフオクやメルカリでの売却は、この後に紹介するような問題点があるので注意しましょう。

メルカリやヤフオクは取引相手とのトラブルに注意

メルカリやヤフオクを利用して七五三の着物を売った人は、「取引中のやりとりで苦戦した」という声が多くありました。

娘が七五三のときに着た着物を、メルカリで売りました。
メルカリで物を売るのは初めてではありませんでしたが、今回は相手がとても難しい人でストレスが溜まりました。
着物の着丈だけでなく、被布の長さ、柄の大きさなど細かく聞かれ、しまいには「娘さんの着画を載せてほしい」と…。
さすがにお断りしたうえで購入していただきましたが、「悪い」の評価を付けられてしまいました。
(女性 30代後半 パート)
ヤフオクで、お宮参りと七五三で使った子供の着物を出品しました。
希望額である1万円で売れたのでその時は良かったのですが、品物を送ったあとに「やっぱりキャンセルしてほしい」と言われました。
キャンセルの手続きを間違えたのか、送料はこちら持ちになってしまい時間とお金を損しました。もうヤフオクは利用しません。
(女性 40代 会社員)

メルカリやヤフオクなどのネットを利用した個人取引は、購入者とのやりとりでストレスを感じる人が多いようです。

「1,000円安くしてくれませんか?」「着画見せてください」という質問にも対応しなければなりませんし、配送方法もたくさん種類があり、取引に不慣れな人にはハードルが高いように思います。

「代金が支払われない」などのトラブルに遭うケースも少なくないので、ネットを利用した個人売買は取引に慣れてない人にはおすすめできません。

先輩ママたちの満足度が高いのは「着物専門の買取店」

七五三の着物買取についての口コミで、ほとんど悪い意見が見当たらなかったのが「着物専門の買取店」です。

着物専門の買取店は、価値相応の値段で着物を買い取ってもらえるうえに、スムーズにやりとりを進めてくれるので、取引に慣れていない買取初心者に人気があります。

CMで有名な着物買取店に、娘が七五三のときに着た着物を買い取ってもらいました。
デパートで購入した正絹の着物です。
買取額は着物1着で7,000円。他の小物類を合わせると、全部で1万円の査定になりました。
納得できる値段を付けてもらい、とても感謝しています。
(女性 40代前半 パート)
お宮参りのときに義母にあつらえてもらった息子の着物。
七五三も終わり、もう着せる機会がないので着物を専門に扱っている買取店に引き取ってもらいました。
袴や小物も一式で9,000円の査定。義母も「この金額ならいいほうじゃない」と言って了承してくれました。
(女性 30代後半 販売員)
着物専門の買取店があることをチラシで知り、タンスの肥やしになっていた娘の七五三の着物を売ることに。
こういった取引は初めてでしたが、電話口のスタッフも家に来てくれた鑑定士も、とても親切で安心できました。
気持ちの良いお取引、ありがとうございました。
(女性 50代前半 主婦)

着物専門の買取店なら素材やブランド、状態から正しく価値を判断し、妥当な値段で査定してもらえます。

無料で自宅に来てくれる訪問販売を利用すれば、ヤフオクのように送料を心配する必要もありませんし、「お金を支払ってもらえない」などのトラブルに巻き込まれることもありません。

呉服屋
「初めてでも安心して取引できた」という口コミも多い着物専門の買取店なら、思い出の詰まった七五三の着物を気持ち良く手放すことができるでしょう。

-着物の種類

Copyright© 【元呉服屋が解説】着物買取りで損をせずに売るための3つのコツと注意点 , 2019 All Rights Reserved.