着物の種類

喪服は買取ってもらえる?相場よりも着物の査定額をアップする方法

投稿日:

「着る予定のない喪服、どう処分しよう…。」と悩んで、買取相場やリサイクル業者を調べている人も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、喪服の買取額は500円〜2千円が相場になります。

また業者によっては買取自体を断られたり、タダ同然の査定になるケースもあるので、売却先は事前によく調べておく必要があります。

一般的には買取相場が安いと言われている喪服ですが、じつは売る方法によっては査定額を大幅にアップすることができます。

この記事では「喪服の買取相場」と合わせて、「査定額をアップする方法」や「喪服を買取ってくれる業者」を紹介していきます。

喪服の買取相場は他の着物よりも安い


喪服の買取相場は、訪問着などと比べると安くなるケースがほとんどです。

濱ちりめんなどの高級品であれば10万円前後で売れることもありますが、一般的な喪服なら状態が良くても2,000円程度、使用感があるものなら1,000円以下が相場になります。

どうして喪服は値段が付きづらいのか調べてみると、買い手に対して売りたい人が多いことが原因だと分かりました。

「処分するのは気が引ける…」と売る人が多い

喪服の買取相場が安いのは、「ゴミとして処分するのは気が引ける…」という想いから、売却したいと考える人が多いからです。

売りたい人に対して買い手が少ないのが現状なので、他の着物と比べると相場が低くなってしまうのです。

最近の通夜や告別式ではフォーマルスーツを着るのが一般的になっており、和装の喪服を着る人は多くありません。

「教えて!goo」などの口コミサイトでも、喪服の着物を着る人を見かけなくなったという内容の書き込みがいくつもありました。

最近5年間で自分が出席した葬儀では、女性は100%洋装でした。

引用元: 教えて!goo

喪主として喪服を着るにしても、レンタルで済ませてしまう人が多いのも需要が減っている要因の一つになります。

需要が限られている喪服は、街中のリサイクルショップでは買取自体を拒否されるケースも少なくありません。

リサイクルショップでは売れないケースがほとんど

需要が少ない喪服は、近隣のリサイクルショップでは買取自体を断られてしまうケースがほとんどです。

そもそも着物というのは服やズボンなどと同じように、自分にあったサイズを探す必要があります。

喪服を欲しいと思っている人がリサイクルショップに来たとしても、着丈がぴったりになる確率は非常に低く、リサイクルショップでは非常に売れづらい品物になります。

買取自体を断られるか、タダ同然の金額になることが多いので、喪服を売るのに一般的なリサイクルショップは適しません。

着物専門の業者なら買い取ってもらえる可能性あり

店頭では売れづらい喪服ですが、幅広い販促ルートを持った大手の着物リサイクル店なら買い取ってもらえる可能性が高いです。

大手の着物買取店が喪服を買い取りできるのは、以下のようにあらゆる販売ルートを持っているからです。

  • 個人向けのネットショップ
  • レンタル衣装店への仲卸
  • 海外販路

幅広い販売先を持っている大手の買取店なら、お手持ちの喪服を2,000円前後で売れる可能性があるので一度見積もりをだしてもらうといいでしょう。

また、帯や長襦袢などの和装小物もあるなら、一緒に見てもらうことで査定額の大幅アップが期待できます。

帯・和装小物を一式まとめて売れば査定があがる

喪服の和装小物や長襦袢買取の画像
喪服を着物買取店に売るなら、帯や和装小物類もまとめて査定にだしたほうが高く買い取ってもらえます。

以下のような小物類があるのなら、捨てずにセットで見てもらいましょう。

  • 長襦袢
  • バッグ
  • 草履
  • 帯揚げ
  • 前板
  • 帯枕
  • 腰紐
  • コーリンベルト
  • 袱紗(ふくさ)

喪服単体では数千円の見積もりになるかもしれませんが、上記のような和装小物類をセットで売れば1万円以上の査定額になることもあります。

「嫁入りのときに喪服をもらった」という女性の中には、着物しか持っていないケースも多く、小物類だけを探している人は少なくありません。

喪服用にあつらえた長襦袢も、格式高い正絹で作られているでしょうから、貸衣装店などで再利用できます。

売れないと思っている補正小物なども、セットにすることで買い取ってもらえる可能性があるので、一度査定してもらってもいいかもしれません。

未使用の反物なら高く売れる

仕立て前の未使用の反物(たんもの)であれば、5千円〜3万円という高額買取も期待できます。

反物(たんもの)とは?

反物とは、全く裁断がされていない、着物や帯の生地のことです。

反物が高く売れるのは、「自分にあった喪服を安く仕立てたい」という人に需要があるからです。

新品で購入すると15万円前後かかる喪服ですが、仕立て代だけなら3万円くらいで済みます。

新品を呉服屋で一から作るより、中古で反物を購入して仕立たほうがトータル的には安くなるので、反物は需要がある品物になります。

証紙付きなら高額買取が期待できる

喪服買取相場の西陣織の写真
お手持ちの喪服に証紙がついているなら、10万円以上の高額買取になる可能性があります。

証紙とは、産地や素材、どこの織元で作られたのかなどの情報が記載された証明書になります。

濱ちりめん西陣織の喪服や帯なら、1万円〜10万円以上の買取額になることもあるので、証紙は絶対に捨てないようにしましょう。

家紋入りの喪服・礼服でも買い取ってもらえる?

紋付喪服の買取画像
「家紋入りの喪服でも売れる?」と、疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

最近では紋無しの場合もありますが、一般的には正礼装である喪服は家紋入りであることがほとんどです。

家紋とは?

家紋とは、それぞれの家に代々伝わっている紋章のことです。
着物の中でも格上の喪服は、両胸に1つずつ、背中心に1つ、背面の両袖に1つずつの合計5つの紋が付くのが主流です。

家紋入りの喪服でも売れるのか調べたところ、業者によっては買い取ってもらえることが分かりました。

なんでも買い取りの「ヤマトク」なら家紋入りでも売れる

「なんでも買い取ります!」と公言しているヤマトクなら、家紋付きの喪服でも買い取ってもらえます。

ダンボールに詰めて送るだけという手軽さもあり、「遺品整理したい」「いらない物を処分したい」という人にも人気の宅配買取店です。

ヤマトクの宅配買取で一つだけ注意が必要なのは、キャンセル時に送料がかかることになります。

注意ポイント

査定額が気に入らなくてキャンセルしようと思っても、2千円前後の送料を請求されるなど、思わぬ出費がかかってしまうので気をつけてください。

量が多ければ多いほど返送料は高くなるので、何も考えずに査定を依頼してしまうと後悔することになる恐れもあります。

その点、バイセルのように訪問査定を無料でしている業者を利用すれば、送料の負担は一切ありません。

もしも喪服と一緒に和装小物や帯も売りたいなら、訪問査定のバイセルに一度見てもらったうえで、売れなかった分をヤマトクに送るのがおすすめです。

ヤマトクの良い点はなんでも買い取ってくれるところですが、他のリサイクル店と比べると査定額が安いのが難点になります。

買取業者 ヤマトク バイセル
西陣織の買取価格  800円 1万円

バイセルなら、上記のように帯や小物類の買取について高額買取が期待できます。

「面倒だから全部ヤマトクに売る」というのも一つの方法ですが、その場合はあまり査定額は期待しないほうがよいでしょう。

経年劣化に注意!着なくなった喪服の保管方法

喪服の保管方法で起こるトラブルの写真
喪服は経年劣化が進みやすいので、保管の際には注意が必要です。

着物の格としては最上級になる喪服は、正絹という高級な糸から作られています。

滑らかな肌触りが特徴の正絹ですが、湿気などに非常に弱くデリケートな性質を持っています。

一般的なプラスチック製の衣装ケースで保管すると、水分を溜め込んでしまい「カビ」「黄色いシミ」などが知らぬ間にできてしまうので気をつけましょう。

保管するなら桐製のタンスへ

湿気に弱い喪服は、除湿力に優れた桐製のタンスで保管するのがベストです。

桐ダンスは昔から着物に向いているとされており、とくに正絹製の喪服には最適な保管環境になります。

プラスチック製の衣装ケースやダンボールなどは通気性が悪く、カビが生える可能性大です。

呉服屋になる前の話ですが、じつは私も黒留袖を衣装ケースで保管していたことがあり、見事にカビを発生させてしまったことがありました。

生地が黒色の着物は、少しの白カビでも非常に目立ってしまいます。

落とせないほどのカビが付いてしまうと、安く買取られてしまうので注意しましょう。

呉服屋
デリケートなうえに汚れが目立ちやすい喪服は、着る機会がないなら早めに売却するのがおすすめです。

-着物の種類

Copyright© 【元呉服屋が解説】着物買取りで損をせずに売るための3つのコツと注意点 , 2019 All Rights Reserved.