着物の種類

アンティーク着物の買取相場は高いって本当?4社の見積もりを公開

投稿日:

アンティーク着物の買取相場が、上昇しているのはご存知でしょうか。

最近のレトロブームを受けて、個性的なデザインのアンティーク着物が国内外で流行しています。

あなたが持っているアンティーク着物も、びっくりするような高値で売れるかもしれません。

呉服屋
とはいえ、高く買い取ってくれる業者に依頼しなければ、損をしてしまう可能性があります。

この記事では、アンティーク着物がいくらで売れるのか、実際に4社のリサイクル店に査定してもらった結果を発表します。

アンティーク着物とは?


アンティーク着物とは、昭和10年代までに作られていた着物のことです。

当時の日本では、普段着として着物を着ていたため、やわらかく身動きしやすい生地で作られているのが特徴になります。

濃密な色柄が流行したことから、大正ロマン・昭和モダンなどの印象的なデザインが生まれました。

和モダンな印象の花柄や幾何学模様、アールデコ調のデザインは、近年のレトロブームを受けて注目を集めています。

リサイクル着物との違いは?

アンティーク着物とリサイクル着物は、製造された時期に違いがあります。

昭和10年代以前 アンティーク着物
昭和10年代以降 リサイクル着物

昭和中期頃に作られた着物は、ウール製で質が良くないものが多く、売りに出しても断られてしまうケースがほとんどです。

見た目の違いとしては、胴裏(どううら)の色が挙げられます。

アンティーク着物の裏地は、紅絹(もみ)と呼ばれる真っ赤な布でつくられています。

胴裏が淡いぼかし染めなら、アンティーク着物ではなくリサイクル着物という判断ができます。

アンティーク着物の買取相場が高くなっている!

買取相場 500円〜数十万円

アンティーク着物の買取相場は、最近のレトロブームを受けて急上昇しています。

また、海外での日本文化ブームも、アンティーク着物の価値を押し上げている理由の一つです。

今までは値段が付かなかったものでも数百円〜数千円で買い取ってもらえ、価値が高いものだと数十万円になることもあります。

銘仙なら10万円以上になる可能性あり

銘仙のアンティーク着物なら、10万円以上の買取価格も期待できます。

銘仙とは、よりをかけずに織られた生地のことで、スルリとした肌触りが特徴になります。

鮮やかで大胆な色柄物が多く、世界中のコレクターを魅了しています。

以下の銘仙はとくに人気が高いため、数万円〜数十万円で買い取ってもらえる可能性があります。

  • 秩父銘仙
  • 伊勢崎銘仙
  • 八王子銘仙
  • 桐生銘仙
  • 足利銘仙
  • 久留米絣
  • 川越唐桟

産地や作家名が記載された証紙が付いていれば、さらに価値がグンと上がります。

銘仙の価値は、プロの鑑定士でなければ判断することはできないため、査定に出すなら着物専門の買取店に依頼するのが得策です。

友禅・大島紬なら数万円も期待できる

京友禅や加賀友禅、大島紬のアンティーク着物なら、1万円〜10万円の買取額が期待できます。

ただし、大島紬のような伝統工芸品は天然染料が使われているので、カビや色あせが無いかチェックしましょう。

呉服屋
状態が良く証紙も付いているとなれば、非常に高値で売れる可能性があります。

着る予定がないなら、生地が痛まないうちに買い取ってもらうほうが良いかもしれません。

身丈が160cm以上のものはプラスポイント

身丈が160cm以上あるアンティーク着物は、需要があるため高値が付きやすいです。

どうして160cm以上のほうが高く売れるのかというと、昔の人と現代人の身長差に理由があります。

日本人の身長は、この100年で15センチも伸びています。

昭和〜大正時代に作られた着物は、身丈が150cm前後のものが多く、現代人では着用できる人が限られています。

ヤフー知恵袋にも以下のような相談がいくつかあり、着丈が合わなくて困っている人は少なくないようです。

引用元: YAHOO!知恵袋

 

外国人にも人気があるアンティーク着物は、身丈が大きいほど査定額が高くなります。

お手持ちのアンティーク着物が160cm以上あるなら、思ったよりもいい値段で買い取ってもらえるかもしれません。

しつけ付き・反物も高値がつきやすい

しつけ付きや反物など、未使用のアンティーク着物は高く売れる可能性大です。

70年も前の未使用品は、ほとんど市場に出回っておらず、とても貴重なものになります。

とはいえ、全くメンテナンスせずに放置されていた場合、虫食いや変色が起きているかもしれません。

状態さえ良ければ、仕立て着物の2倍の値段がつくこともあるので、劣化がないか確認してみましょう。

虫食い・色落ち・変色があると査定が下がるので注意

人気があるアンティーク着物とはいえ、虫食いや色落ち、変色があると査定は下がってしまいます。

絹で作られたアンティーク着物は、しみやカビなどの経年劣化が起きやすく、黄変ができていることは少なくありません。

素材自体がデリケートなため、シミ抜きや虫食いの補正がとても難しく、専門のクリーニング店に出しても断られるケースも多いです。

とはいえ大手の着物買取店であれば、価値を見出して買い取ってもらえる可能性があるので、一度見てもらってもいいかもしれません。

アンティーク着物を大手4社に査定してもらった結果を公開!

アンティーク着物買取相場の写真
今回私は、アンティーク着物が本当に高く売れるのか、大手の着物買取店4社に査定を依頼してみました。

自宅にあった幾何学模様の着物ですが、いくらで売れるのでしょうか。

気になる査定結果は、以下のとおりになりました。

買取業社 買取価格
バイセル 8,000円
たんす屋 4,000円
まんがくや 3,000円
ヤマトク 1,500円

今回、買取店4社にアンティーク着物を査定してもらったところ、バイセルが最も高値という結果になりました。

正直に言うと、ここまで高値を付けてもらえると思っていなかったので驚きです。

自宅で見てもえる訪問買取を利用したのですが、交通費なども一切かからず、とても満足のできる取引でした。

業者によって買取価格が違う理由は?


業社によって買取価格が違うのは、販売ルートの多さに理由があります。

着物買取店のほとんどは、販売先が国内のみに限られています。

妥当な値段で買い取ってはもらえますが、海外販路をもっている業社には敵いません。

アンティーク着物を売るなら海外販路を持っているバイセルへ

着物買取で最大手のバイセルは、海外向けのネットショップにも力を入れています。

日本経済新聞でも、バイセルの事業計画について以下のように取り上げられていました。

催事の実施、店舗販売、海外EC販売等、toCチャネルの開発に経営資源を投下し、着物関連商品における売上規模の急拡大を実現致します。

引用元: バイセルテクノロジーズ|日本経済新聞

 

海外での日本ブームに目を付けたバイセルは、積極的に世界へと販売先を広げているとのことです。

日本文化が感じられるアンティーク着物は、外国人にも受けがよく、物によっては高額で買い取ってもらえる品になります。

アンティーク着物が海外で売れるのはアニメブームのおかげ?


アンティーク着物が海外でも需要があるのは、日本アニメのブームがきっかけになっています。

日本のアニメは、韓国・フランス・アメリカなど、世界各国で非常に人気があります。

日本政府観光局の調査でも、日本のアニメが世界各国で人気が高くなっているということが分かっています。

日本のアニメ・マンガに対する海外での評価
アニメ・マンガは一般的に若者やこどものホビーと見なされている。(ちょうど日本の2,30年前のように)。青年や男の子にはドラゴンボール、るろうに剣心、スラムダンク、名探偵コナンの人気が高い。

引用元: 日本政府観光局

 

キャラクターになりきるコスプレイベントも各国でおこなわれており、衣装として着物を欲しがっている人が世界中にいます。

自分が売った着物が、世界のどこかでまた着てもらえると思うと、不思議な想いになるのではないでしょうか。

呉服屋
眠っているだけのアンティーク着物があるなら、新たな形で輝かせてあげるのもいいかもしれません。

-着物の種類

Copyright© 【元呉服屋が解説】着物買取りで損をせずに売るための3つのコツと注意点 , 2019 All Rights Reserved.